T川を血に染めて

image

今は無き建物。

釣り場で知合った方々。

”あの魚”を釣る為、”練習”に通った日々。

オリジナルロッドとVan Staal。

よく職質されたなぁー

牡蠣ガラでザックリ切った手で、血まみれになりながらバイクに跨っていると…

今は全て懐かしい思い出です。

Tuned K-TEN TKLM “9/11”
すっかり、ご無沙汰になってしまいましたが・・・
今年もよろしくっ!!
今年もTuned K-TENが火を噴く・・・かもしれない。

Tuned K-TEN TKLM “9/11”

すっかり、ご無沙汰になってしまいましたが・・・

今年もよろしくっ!!

今年もTuned K-TENが火を噴く・・・かもしれない。

釣り,fishing,lure

釣り,fishing,lure

ラパラ LC

ラパラ社のフラットラップがなかなか良いようですが、敢えて敢えてここは廃盤となったLC(ロングキャスティングミノー)、しかも一番(たぶん)デカイサイズで挑戦です。

なぜかって?それは・・・

・安かったから。

・”Mr.西村先生”が「ベイトはパーチだっ!」と断言し、手持ちのパーチカラーはこれしかなかったから。

・ちょー水深がない場所だったから。

ロングキャストと銘打っている分、確かに飛びますが、ルアー自体のアクション自体は微妙。

普通といえば普通なんですが、アバズレで重心移動のウェイトがカシャキャシャうるさいし、浅瀬用にしては潜る。まぁ意欲作ではあるんだろうけど、”ラパラ”好きにとってはちょっと・・・という感じで、今となってはフラットラップまでの”中継ぎ”とすら感じられる様になってしまいました。

ただ、バ●とハサミは・・・と言うようにちょっと工夫すると・・・

image

これが結構、化けます。

そもそもちゃんと泳ぐし、深度はフックサイズとロッドワーク・リーリングである程度調節可能。そしてフラットラップにはない制御不能アバズレイレギュラーダート(笑)。

これが良いっ!!カシャカシャうるさい音なんて無視無視。(というか良くとればフィールドでの強烈な存在アピールであるし、そもそも音が出るから警戒して絶対釣れないということではないハズ。)

image

大体、最初から付いているあの黒い針と針金のようなリング、あれがそもそも・・・

image

(対象魚が鱸なんで)魚の歯形とか針が波にもまれて・・・とかの傷よりも、針にかかった魚の動きで余った針がガッツリ擦れていい感じに傷になります。

ルアービルダーを偲んで。
ビリケン、今じゃ2コだけ。
どのルアーも一番使っていたのはなくなっちゃった。
買ってた店もなくなっちゃった。
作ってたメーカーも人もなくなっちゃった。

ルアービルダーを偲んで。

ビリケン、今じゃ2コだけ。

どのルアーも一番使っていたのはなくなっちゃった。

買ってた店もなくなっちゃった。

作ってたメーカーも人もなくなっちゃった。

昨日の戦果。 魚はいません。

昨日の戦果。 魚はいません。

Tags: 日常 Violet

Tags: castle

Rainbow trout in Japan

Rainbow trout in Japan